米ぬか豆乳で腸をキレイにそして太り難い体質へ

米ぬかと豆乳のそれぞれの栄養と効能は次のようになります。

 

米ぬかの栄養素 米ぬかの効能
ビタミンB群 ◆糖分やでんぷんの分解をサポート

◆エネルギー代謝促進作用による太り難い体質作りに必須

◆消化吸収を高める

◆神経機能の働きを向上させる

※ビタミンB1、ビタミンB2、ナイアシン など

ビタミンD ◆カルシウムの吸収をサポート
ビタミンE ◆抗酸化作用

◆女性ホルモンバランスを整えることによる月経痛の症状緩和

◆更年期障害の症状緩和

食物繊維 ◆便の材料となり便のカサを増やすことによる便秘予防・解消

◆大腸がん予防

カルシウム ◆歯や骨をつくる

◆骨粗しょう症予防

マグネシウム ◆高血圧予防

◆糖尿病予防

◆新陳代謝を活性化による美肌効果・冷え性予防

 

 

豆乳の栄養 豆乳の効能
良質たんぱく質 ◆動脈硬化予防

◆肥満予防

大豆イソフラボン ◆骨粗しょう症予防

◆がん予防

レシチン ◆肥満予防、肥満体質の改善

◆動脈硬化予防

◆老化防止

オリゴ糖 ◆乳酸菌やビフィズス菌の餌となるオリゴ糖が便通を良くする
ビタミンE ◆抗酸化作用

◆血行促進

◆美肌作り

◆若返りを促進

カリウム ◆高血圧予防

◆ナトリウムを体外へ排出する

不飽和脂肪酸 ◆ノンコレステロールの植物性の脂肪のため、

コレステロールが気になる人にもオススメ

※リノール酸、リノレン酸

マグネシウム ◆血管、心臓、ホルモン分泌臓器の働きをコントロール

◆カルシウムと共に不足することでアルミニウムが脳内に入りやすくなり、アルツハイマーの原因になる

フィチン酸 ◆発がん予防

◆抗酸化作用

サポニン ◆生活習慣病予防

◆脳の老化防止

ビタミンB群 ◆記憶力アップ

◆記憶力アップ

◆イライラ防止

 

これら米ぬかと豆乳を使ったドリンクが米ぬか豆乳です。

 

米ぬかも豆乳も便秘によく効く食品でありながら、低カロリーでしかも様々な栄養素をたっぷりと含んでいます。

 

そのため美容と健康維持に大いに役立ちます。

 

米ぬか豆乳は頑固な便秘の解消とダイエット効果を大いに期待できる一品なのでオススメです。

Sponsored Links

作ってみよう!米ぬか豆乳

◆材料

 

  • 豆乳 150ml~200ml
  • 米ぬか 大さじ2(精米機が設置されている米屋で入手可能)

 

◆作り方

 

フライパンで米ぬかが薄茶色く香ばしいニオイがしてくるまで5分程から煎りします。
カップに注いだ豆乳に煎った米ぬかを混ぜれば完成です。

 

★ポイント

 

  • 豆乳と米ぬかは完全に混ざらないので「馴染む」程度でOK!
  • 腹もちがいいので空腹時の間食代わりに!
  • 食前にコップ1杯飲んでおくだけで食事量を抑えられる
  • 精米後1日以内の米ぬかを使用するのがベスト!
  • 漬物用米ぬかは塩分などが入っているため使用はNG!
  • 密閉容器に入れての冷蔵保存で1週間くらいで使いきること!
  • 摂取の目安は1日にコップ1杯でOK

米ぬか豆乳で腸をキレイにそして太り難い体質へ

 

米ぬかには食物繊維が豊富に含まれているため便秘に効くだけでなく、体内の老廃物を排出することで便秘が原因で起こっていた肌荒れも改善されます。

 

 

米ぬかはボソボソ感が苦手で食べにくいものですが、豆乳と混ぜることでこのボソボソ感が克服できます。

 

 

更に米ぬか豆乳は腹持ちがよく食前に飲むと食事の摂取量を抑えられたり、便秘に効くのはもちろんのこと、1日にコップ1杯飲めばOKという手軽さから、

 

 

これからダイエットしたい人や既にダイエット中の人にもオススメです。

 

ちなみに米ぬかには太り難い体質作りに欠かせないビタミンB群が豊富!なのもポイントです。

 

米ぬか豆乳はダイエットの大敵である頑固な便秘をしっかり解消できます。

 

1日1杯から手軽に始められる健康的な便秘対策として毎日取り入れてみてはいかがでしょうか。

するっと抹茶 桃花スリム カイテキオリゴ

ゴクゴク飲める!

オリゴ糖と水溶性の食物繊維がたっぷりの便秘用抹茶。HOTや冷たくしても美味しいから続けられてドッサリ体感!

コレ

満足度98.7%の「桃花スリム」

まずは10日間飲んでみてください!頑固な便秘でお悩みの方にぜひオススメするのが桃花スリムです。私も飲んで初日からお手洗いに行く回数が増えました♪

コレ

混ぜるだけで簡単

1分に1個売れている、高純度オリゴ糖で日本一の大人気商品。ご飯やおやつ、ドリンクに混ぜるだけです。

コレ